民法(永小作権の存続期間)

0

    JUGEMテーマ:国家資格全般

     

    (永小作権の内容)
    第270条 永小作人は、小作料を支払って他人の土地において耕作又は牧畜をする権利を有する。

     

    (永小作権の存続期間)
    第278条 永小作権の存続期間は、20年以上50年以下とする。設定行為で50年より長い期間を定めたときであっても、その期間は、50年とする。
    2 永小作権の設定は、更新することができる。ただし、その存続期間は、更新の時から50年を超えることができない。
    3 設定行為で永小作権の存続期間を定めなかったときは、その期間は、別段の慣習がある場合を除き、30年とする。

     

    永小作権とは、小作料を支払って他人の土地において耕作又は牧畜をする権利です。

     

    つまり、土地を借りては畑作業したり、牛飼ったりする権利です。

     

    ただし、賃貸借ですむため、永小作権は、あんまり使われてはいないようです。

     

    永小作権の存続期間は、20年〜50年の間で定めることができて、定めなかったときは30年になります。

     

    では、語呂です。

     

    A子とは、事後、ゴタゴタないさ  もう、A子とは、揉めてないよーってことですね。

     

    A子・・・永小作権

    事後・・・20年〜50年

    ゴタゴタないさ・・・50年に短縮 ないとき30年

     

     

     

     

    応援よろしくお願いします。↓

    にほんブログ村 資格ブログへ
    にほんブログ村

     

     

    =>「司法書士 通勤講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    JUGEM PLUS

    アフィリエイト・お店のブログにぴったり!高機能ブログ【JUGEM PLUS

    応援お願いします

    スポンサーリンク

    時計

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM