民法(裁判上の離婚)

0

    JUGEMテーマ:国家資格全般

     

    (裁判上の離婚)
    第770条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    一 配偶者に不貞な行為があったとき。
    二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
    三 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
    四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
    五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
    2 裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

     

    離婚の訴えを提起することができるのは上記の場合です。

     

    なお、1〜4号は、裁量棄却事由ですね。

     

    アフリカ、銃賛成!!   アフリカは銃ないと危ないですからね。

     

    アフリカ・・・悪意 不貞な行為

    銃・・・重大な事由

    賛成・・・3年以上 精神病

     

     

     

    応援よろしくお願いします。↓

    にほんブログ村 資格ブログへ
    にほんブログ村

     

     

    =>「司法書士 通勤講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    JUGEM PLUS

    アフィリエイト・お店のブログにぴったり!高機能ブログ【JUGEM PLUS

    応援お願いします

    スポンサーリンク

    時計

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM