株券を廃止する手続き(商業登記)

0

    JUGEMテーマ:国家資格全般

     

    第218条
    1. 株券発行会社は、その株式(種類株式発行会社にあっては、全部の種類の株式)に係る株券を発行する旨の定款の定めを廃止する定款の変更をしようとするときは、当該定款の変更の効力が生ずる日2週間前までに、次に掲げる事項を公告し、かつ、株主及び登録株式質権者には、各別にこれを通知しなければならない。
      一 その株式(種類株式発行会社にあっては、全部の種類の株式)に係る株券を発行する旨の定款の定めを廃止する旨
      二 定款の変更がその効力を生ずる日
      三 前号の日において当該株式会社の株券は無効となる旨
    2. 株券発行会社の株式に係る株券は、前項第二号の日に無効となる。
    3. 第1項の規定にかかわらず、株式の全部について株券を発行していない株券発行会社がその株式(種類株式発行会社にあっては、全部の種類の株式)に係る株券を発行する旨の定款の定めを廃止する定款の変更をしようとする場合には、同項第二号の日の二週間前までに、株主及び登録株式質権者に対し、同項第一号及び第二号に掲げる事項を通知すれば足りる。
    4. 前項の規定による通知は、公告をもってこれに代えることができる
    5. 第1項に規定する場合には、株式の質権者(登録株式質権者を除く。)は、同項第二号の日の前日までに、株券発行会社に対し、第148条各号に掲げる事項を株主名簿に記載し、又は記録することを請求することができる。

     

    株券発行会社が、株券の発行を廃止するには株主にお知らせをしなければなりません。

     

    株券が突然無効になったら困るからです。

     

    このお知らせの方法は2パターンあります。

     

    1つめは、現実に株券を発行している場合です。

     

    この場合は、株券廃止の定款変更の効力発生の2週間前までに、公告かつ通知をしなければなりません。

     

    2つめは、株券を1枚も発行していない場合です。

     

    こちらの場合は、株券廃止の定款変更の効力発生の2週間前までに、公告または通知をしなければなりません。

    株券を1枚も発行していなければ、公告か通知のどちらかでいいということです。

     

    では、語呂です。

     

    カツ発酵するまでまたないと喧嘩する

     

    カツ発酵・・・「かつ」は「発行」

    またない・・・・「また」は「(株券)ない」

    喧嘩・・・・・・株券

     

     

     

     

     

     

    ・内容は精査しているつもりですが,当ブログの    情報の利用は自己責任にてお願いいたします。

     

     

     

    応援よろしくお願いします。↓

    にほんブログ村 資格ブログへ  
      にほんブログ村

     

     

    =>「司法書士 通勤講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    JUGEM PLUS

    アフィリエイト・お店のブログにぴったり!高機能ブログ【JUGEM PLUS

    応援お願いします

    スポンサーリンク

    時計

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM